さとづくり48 | 日の里団地再生プロジェクト

About Project

福岡県宗像市にある「日の里団地」は、1971年に日本住宅公団(現在の都市再生機構、UR)が開発した九州最大級の集合住宅です。福岡市にも北九州市にもアクセスのよい立地として、最盛期には20,000人以上の方々が生活をし、活発なコミュニティを形成していました。完成から約50年が経過した2020年、日の里団地の再生プロジェクトがスタートしています。長い年月の中で老朽化が進んだ閉鎖棟10棟のうち9棟は解体をおこない新しい住宅地へ。残る1棟は古くなったところを修繕しながら、地域の会話を生む機能をもつ場所として生まれ変わっていく予定です。ただ古いものを壊して、新しくつくり変えるのではなく、日の里団地で大切にされてきた「気持ちのバトン」をつなぎ、そこに暮らす人たちがイキイキと活躍できるような、これからの「さとづくり」を目指しながら、その様子を少しずつご紹介します。

Satono Brewing

おいしいビールがあると
地域の会話が増える?
宗像大麦でビールをつくる
小さなブリュワリーが来春オープン!

Enjoy DIY

ただ消費するだけじゃなく、
ひと工夫してみよう!
Shopbotが使える
DIY工房がオープン!

We are Kataribe

地域で大切にされてきた
たくさんの文化や風習など
「気持ちのバトン」を次の世代にも
つないでいく取材活動

2020.11.03. Preopen!

プロジェクトへの
お問い合わせやご見学については
下記よりご連絡ください。